杣【そま】

木を植え付けて育て、材木をとる山。「杣木・そまぎ」「杣山・そまやま」の略

日本人は昔から身近にある木を利用して生活してきました。

自然にはえている木だけでなく、人の手で木を植えて使い、また植えて使うというサイクルで森とともに今も暮らしています。


「杣」とは簡単にいうと、人が木を利用するために手入れしている森の事をいいます。

「杣山」というと木を植えて育てる山、「杣木」といえば杣山から切り出した材木、「杣人」といえば木を切り出す人(きこり)を意味します。


杣プロジェクトではこの「杣」を、私たちが生活の中で木に関係するモノゴトとして、もう少し広く解釈しています。

例えば「杣人」を木を切るきこりさんのことだけではなく、木を使う人のことまで含めて考えています。

地元の杣山から出た杣木の家に住み、木の家具や食器を使い、薪や木質ペレットで暖を取って生活している人は、街に暮らしていても立派な杣人です。


このように「杣」が生活にたくさんあふれたら、人と自然がもっと近くて良い関係を取り戻せるのではないかと考えて、杣プロジェクトは活動しています。